menu

音楽療法について ~臨床現場で音楽を利用していただくヒント~

2022年10月16日(日)13:00~15:00 、Zoomにて「音楽療法について ~臨床現場で音楽を利用していただくヒント~」を開催いたします。講師は公認心理師・臨床心理士・日本音楽療法学会認定音楽療法士の後藤浩子先生です。

【セミナー内容】
音楽療法には身体機能の維持・回復、コミュニケーションの促進、脳の活性化、リラクセーションなど様々な効果があります。また音楽療法はノンバーバルコミュニケーションであり、発達障害のような言葉を使ったコミュニケーションが難しい方や、障害がなくても言葉ではなかなか伝えづらい想いを抱えたクライエントが多くいる心理業界では効果的な役割を担うことができる療法の一つです。
今回講師としてお話くださる後藤先生も自閉スペクトラム症や発達に遅れのある子ども、統合失調症患者の方に対して長年数々の音楽療法を各地で実践されてきました。本セミナーではそんな経験豊富な先生が音楽療法とは何か、どんなものがあるのか、実践方法、その効果を初めての方に分かりやすく丁寧にご講義いただきます。実際の臨床現場でも利用できるヒントが存分に得られる有意義なセミナーとなっております。是非ご参加ください!

お申込みは以下からお願いいたします。
※当日、ご都合が悪くても記録動画を12月末までご視聴いただくことができます。


【講師紹介】
後藤 浩子(ごとう ひろこ)先生
聖和女子大学教育学部幼児教育科・大阪音楽大学短期大学部音楽専攻卒業
兵庫教育大学大学院学校教育研究科障害児教育講座修了
公認心理師・臨床心理士・日本音楽療法学会認定音楽療法士
聖和大学付属幼稚園教諭・聖和大学児童相談研究所助手を勤め、1990年退職
この間、1977年より山松ミュージックセラピィ研究グループに参加
1994年にはいずみ病院(沖縄県)で音楽療法を実践。現在、姫路市の身体障害者デイサービスセンターで音楽療法を行っている。また1998年から公立小中高等学校でスクールカウンセラーをつとめ、現在24年目になる。
その間芦屋甲陽幼稚園の園長も務めた。2011年から企業のメンタルヘルスを担当するようになって12年目になる。大阪音楽大学・相愛大学・関西学院大学・京都音楽院などで「音楽療法」の講義、大阪総合保育大学で「障害児保育」の講義を担当。


ご不明な点など、遠慮なくinfo@porutocuore.jpまでお問合せください。