menu

心理職が知っておきたい身体のこと 〜疾患と治療と意思決定支援〜

12月10日(土)、10時~12時、オンラインセミナー「心理職が知っておきたい身体のこと〜疾患と治療と意思決定支援〜」を実施いたします。講師は看護師・公認心理師の青木一美先生です。
*当日ご都合がつかなくても、記録動画を1月末までご視聴いただけます。

「医療領域で働きたい!」という心理職は多くいらっしゃいます。しかしながら、現場で役立つためには心理の知識のみならず、身体の知識も必要となります。
今回は、現場で活躍されている先生に、「医療領域で活動するには、これは知っておいていただくと良い」という知識をお伝えいただきます。また、公認心理師試験でも出題されたACP(アドバンスドケアプランニング)や意思決定支援についても現場での知見をお話くださいます。
ぜひご参加ください。
青木先生の詳細なご経歴は下部に記載しております。

【当日の構成】
1. 青木先生の仕事内容
2. 入院までに行う検査内容
3. 病気について 非がんとがん
4. 治療方法
5. 説明と同意
6. ACP(アドバンスドケアプランニング)
7. 多職種連携、チーム医療
8. 意思決定支援

お申込みは以下からお願いいたします。

【青木先生ご経歴】
静岡県浜松市出身
聖隷学園浜松衛生短期大学 第一衛生看護学科卒業(現 聖隷クリストファー大学 看護学部 看護学科)
就職を機に神奈川へ転居し、卒後すぐに総合病院ICUに勤務後、大学病院へ転向。
1999年に東海大学医学部付属病院へ入職し、消化器外科病棟、画像検査外来、入退院センター勤務。
現在に至る。