menu

研究者によるご講演(デンマーク・オーフス大学生命医学部、竹内倫徳先生)

このたび、デンマークのオーフス大学生命医学部の独立准教授、竹内倫徳先生のオンライン講演が実現いたしました。「nature」誌にも掲載経験のある世界で活躍される研究者のお話、ぜひ直接お聴きいただければ幸いです。

専門職で論文を書かれている先生はもちろん、これから論文にチャレンジされたい先生、そして大学院生、学部生の皆様もふるってご参加ください。質疑応答の時間もとっていただいております。
竹内先生の詳細なご経歴はこのページの下部に掲載しております。
講演タイトルは「新奇な体験によるドーパミン依存的な記憶の亢進」です。マウスを使用した実験結果をご紹介くださいます。臨床心理学の分野への応用についてもお話くださいます。

【日時】
1月31日(日)、13時~14時30分(講演60分、質疑応答25分程度)
*当日ご欠席の先生も、2月中は録画記録をご覧いただくことが可能です。

参加費:会員の先生方は5000円+税、一般の先生は8000円+税です。
*竹内先生のご厚意により、破格の金額にて提供させていただいております。

お申込みは以下です。世界的研究者から直接お話を伺う機会、ぜひご活用ください。
(銀行振込をご希望の先生はinfo@portocuore.jpまでお問い合わせください)

竹内先生のご経歴
東京大学大学院医学系研究科機能生物学専攻(三品昌美教授)
博士課程修了(医学博士)(東京大学、HAKU I 1551)(2000年3月)

東京大学大学院医学系研究科薬理学分子神経生物学教室助手(〜2007 年 3 月)
東京大学大学院医学系研究科薬理学分子神経生物学教室助教(〜2008 年 8 月)
英国エジンバラ大学認知神経システムセンター(Richard Morris
センター長)、博士後研究員(〜2018年2月)
デンマーク・オーフス大学生命医学部独立准教授(〜現在に至る)